PAGE TOP

高機能FX専用ソフト
EAのバックテストの方法
バックテストは過去のデータを元に仮想で取引のテストが出来ます。
これにより、EAが勝てるものなのかなどの確認が出来るので覚えておくと便利です。
※ヒストリカルデータといって過去の動きのデータにより結果が異なることがあります。
 TickstoryやFXDD社よりデータをダウンロードしてMT4に適応させることが出来ますが
 こちらでは標準のやり方でご説明致します。


【Step1】MT4の左上近くにある
    「Strategy Tester(ストラジーテスター)」をクリックして下さい。

ストラジーテスターボタン
【Step2】MT4の下部にこの画面が出てきます。
     こちらでは通貨ペアや時間足、期間を設定し、EAをテストすることができます。

テスター画面


【エキスパートアドバイザー】
EAのことです。どのEAをテストするか選択して下さい。

【通貨ペア】
テストをしたい通貨ペアを選択して下さい。

【モデル】
3種類選べますが、精度の高い「全ティック」を選ぶと良いでしょう。

【日付と時間を使用】
「開始日」と「終了日」を選択出来ます。
チェックをしないとデータがあるだけの期間となります。

【ビジュアルモード】
実際にどこで取引をするかチャート上で確認が出来ます。
その横にあるバーでスピードの設定も出来ます。

【期間】
テストしたい時間足を選択します。

【スプレッド】
スプレッドの設定になりますが、「現在の」を選択すると現在のスプレッドが適応されます。

【エキスパート設定】
テストする際の証拠金の設定とEA自体の設定が出来ます。
いくら資金でEAをテストしたいかがあればこちらで入力して下さい。

EA自体の設定は様々なEAがあるので一概には言えませんが
ロット数の変更や数値設定などを設定出来ることもあります。

【Step3】全ての設定が完了したら「スタート」をクリックするとテストが開始されます。
     完了すると下の緑のバーが埋まり、完了音が流れます。

バックテスト完了後画面

[ 次にバックテストの見方に進みます。]